Carl Laubin から見た 1855 GCC

パリのジョルジュ・ポンピドー・センターが「ボルドーのシャトー」展を開催した機会に、建築物の専門画家、カール・ロビン(イギリス)は1855年に格付された有名なメドック地区の61のシャトーを同一の油絵上に描くというアイデアを実行しました。

20,00

Réservez votre affiche 閉じる

Enter your email address to reserve your poster.
We will inform you as soon as it goes on sale on the website.

追加情報へ